2015年8月22日

こんなところにも気をつけよう!新築マンション

新しいからこそ気をつけたいこと

憧れの新築マンション。いよいよ新生活のスタート。引っ越しの際、家具は出来るだけ壁につけて広い空間を確保したいですよね。ところが、新築マンションの場合、気をつけなければならないことがあります。それは、新しいからこそ壁面のコンクリートなどに水分がまだ残っていることがあり、壁にピッタリと家具をつけてしまうとカビの原因になってしまうことがあるのです。このため、少し空気の通り道を作ってあげるような配置にして、換気を良くすることが重要です。

免震マンションは安心だけど

地震の多い国、日本。そこに住む私たちにとって、免震マンションは心強い存在でもあります。免震装置で揺れを緩やかにしてくれるというものです。地震には心強い免震構造ですが、普段の生活面で気になることがあります。それは、生活音が響きやすいということです。免震マンションは構造上、建物を出来る限り軽くしているという点があります。そのために、壁や床などの防音性がやや劣ってしまうということがあるようです。音に敏感な方は、購入前によく検討した方が良さそうですね。

アフターサービスも活用しよう!

新築マンションでは、購入後に一定期間アフターサービスを無償で受けることが出来ることがあります。自分でつけた傷や、ベランダのもらいさびなどは対象外のところが多いですが、引き出しに異音や壁紙のはがれなど、1~2年で出てきたようなものは定期サービスを利用するのもいいでしょう。資産価値を少しでも高くしておくことは、万が一マンションを手放すことになった際にも大いに役立つことでしょう。大切な固定資産、しっかりメンテナンスしておきたいですね。

船橋市で新築一戸建てを探すと幸せな生活を始めることが出来ますから、これからマイホーム買うなら検討しましょう。