2015年8月24日

マンションというものについて、いろいろと考えてみれば

マンションというものの元々の意味とは

マンションといえば、日本ではグレードの高い鉄筋コンクリート造り(RC)の集合住宅、といったイメージとして定着しています。しかし、欧米では元々、マンションとは大邸宅のことを指して言うもので、日本で言われているようなマンションのことは、高級アパートとかコンドミニアムと呼んでいるのです。こうしてみると、マンションという言葉も一種の「和製英語」なんですね。往々にして、言葉が輸入されて使われるようになると、元々の意味とは違ったものとして定着してしまう、といったことがよくあるわけなのですが。

マンションか一戸建てかという選択とは

自分の家を持ちたいといった場合に、よく話題になるものの一つに、一戸建てにするかそれともマンションにするか、といったものがあります。特に大都市圏に住んでいる人の場合、この選択はコスト面ではシビアなものであると共に、かなりの程度にその人の好みに関わってくるもの、でもあるのです。タワーマンションと呼ばれている超高層マンションが人気を呼んでいるのも、一戸建てでは味わえない超高層ならではの眺望、といった高層マンションならではの特性に拠っているわけで、必ずしもマンションが一戸建ての滑り止め、ということではないのです。

賃貸マンションか持ち家マンションか

マンション住まいという場合にも、賃貸のマンションにするか、それとも分譲マンションを購入して持ち家にするか、といった選択があるわけです。でも、賃貸マンションに住んでいるからといって、それは必ずしも、マンションを買うお金がないから仕方なく、であるとは限りません。というのも、賃貸であれば移転することも楽にできてしまうために、お金に余裕ができれば、よりグレードの高いマンションに移る、といったこともできてしまうからなのです。

函館のマンションは交通アクセスがよい所から函館駅周辺が人気で多くあります。ファミリーや単身にも人気です。